劇団SPACE☆TRIP

会場アクセス

東急東横線「学芸大学駅」徒歩1分
千本桜ホールへアクセスは詳細へGO

詳細 >>

終了した公演

2012年 6月 第1回公演「GIRLS BEAT」 中野劇場momo
2012年 9月 第2回公演「桜トイレ」 上野ストアハウス
2012年12月 第3回公演「宇宙(そら)飛ぶクリスマス」 築地本願寺ブディストホール
2013年 4月 第4回公演「夜逃げ屋倶楽部〜桜くノ一商事〜」 学芸大学千本桜ホール
2013年10月 第5回公演「門星家の秘密」 学芸大学千本桜ホール
2014年 4月 第6回公演「ココロノハナシ」 学芸大学千本桜ホール
2015年 1月 第7回公演「銀河鉄道の夜にかなり依る依る」学芸大学千本桜ホール
2015年 7月 第8回公演「OTOGI☆ROCK」学芸大学千本桜ホール
2015年10月 第9回公演「門星家の秘密第二夜~和洋妖怪大決戦~」学芸大学千本桜ホール

第10回公演決定!!


本公演は、無事終了いたしました!!
また次回公演でお会いしましょう!!





ホンキー! トンキー! クライング!
~部屋に幽霊とロックで大迷惑~


【会場】
学芸大学駅 千本桜ホール

【キャスト発表】
※配役はこちらから→URL
椎名香奈江 / 江里奈 / 山口慶子 / 橘あるひ / 高橋茉琴 / 小比類巻里澄 / 小泉花恋 / 有馬えりな / 西山野園美 / 石川あんな / 美優香 / 鈴木みのり / 鈴木彩乃

関口ふで / 馬渡直子

----------------------------------

【公演日時】
04/29(金)17:30open/18:00start
04/30(土)12:30open/13:00start
04/30(土)17:30open/18:00start
05/01(日)11:30open/12:00start
05/01(日)16:30open/17:00start


チケット
各公演 前売り4000円、当日4500円
※全5公演通しチケット: 17000円(手売りチケットのみ対応)

*チケットはe+URL、また、チケット発売イベント(4/18開催)にて販売いたします。
※各キャスト個人web予約ページ→URL

【座席】
自由席(座席指定なし・入場順)

【作/演出】 ゴブリン串田

【振付】 鈴木彩乃

【主催】
劇団SPACE☆TRIP /
株式会社M-SMILE


----------------------------------

『あらすじ』
私は小村亜鶴。皆からは『アヅル』って呼ばれている。普通の大学生、好きなアーティストは三代目 J ソウルブラザーズ、パフュームは海外で活躍してるアーティストだから好き。あとは、セカオワとか…ゲス乙も好きだったけど、ボーカルの無責任な行動で嫌いになった。

将来の夢は普通に働いて高収入の人と結婚して子供を二人産み、笑顔の絶えない家庭を作る事。好きな言葉は自由。嫌いな事は人に期待されること。期待される人生なんて不都合な事しか起きない。期待されて期待に応えるなんて大それたことは私にできないのだ。

自由…自由でいたい。ふつうに生きる事が最高の自由だと考えている。

今日も学校に普通に通い普通に友達と話をしそして普通に下校しようとしていた。

昼休み

♪~もてあましてるフラストレーション ユガナイジーデェ~♬

いつも聞こえる。あの曲は何がいいのだろうか?
ポップじゃないし、知らないし何よりギャンギャンうるさいだけだ…
軽音楽サークルの部室を通り過ぎるのは好きじゃない。
駆け足で通り過ぎ食堂に入るといつものメンバー。いつもの空間。
なんと心地がいいのだろうか。
親友の宇田場ひろと大木栄子がいつも様に話しかける。

「ねぇねぇ!次の学園祭たのしみだよね!」
そうか、そんなのもあったなぁ。ひろが楽しみにしてる位だからよっぽどいい事があるんだろうな。
「ええ?知らないの?」しらない。
「7代目が来るんだよ!」え?マジ?
7代目 J ソウルブラザーズ!三代目の次に来ると言われているダンスボーカルユニット!!
絶対にはずせない!絶対に見に行く!
そう誓ってウキウキのまま普通に下校した

こんなにウキウキしてるのに、家の前に来ると何かドンヨリ…嫌な予感がする…
気のせい気のせい!今年の学園祭は7代目!
部屋に入ったアヅルの嫌な予感は見事に的中…
黒のライダース。黒のショーパン。パーマを当ててありえないメイク。

嫌いなやつだ…

嫌いなやつが私の部屋にいる…どうして?
日比谷類、ローラ石井…知る人ぞ知る本物の伝説ロックンローラー
って二人は言ってるが私は知らない。
って言うか、40年前?え?死んでるの?
ビートルズ、セックスピストルズ、ガンズアンドローゼス、ローリングストーンズ
この二人はいったい何を言ってるのだ?
聞けばこの二人…最高のライブの前に死亡し伝説となるはずだった曲を発表できずに
生涯を終えたらしい。そして、死にきれなくて…

で?

その人たちが私になんの用なのだろうか?

え?ムリムリムリ!
なんでアンタ達が発表する予定だった曲を私が変わりに発表しないといけないわけ?


いや、本当に無理だから!期待しないで!!何?この曲ぜんぜん何を言ってるのかわかんない!

でも死んでも死に切れないとか…
わかった!すごくイヤだけど
いつも昼休みに聞こえる軽音楽サークルの部室の人たちにお願いしよう!

翌日の昼休み軽音楽サークルの部室に立ち寄った私は後悔した。
案の定、私の嫌いな人たち…
さっさとお願いして立ち去ろう!!

ダメだ…この人たちには幽霊が見えない…私が幽霊の事を説明すればするほど、私がロックを理解してる
と思ってる。しかも、この幽霊の二人を知ってるなんて…え?本当に凄い人たちだったのかな?この二人…軽音楽サークルの二人がこの曲を発表する事に協力してくれるのは良いけど…私も参加する事になってしまった。

どうしよう…7代目を見れなくなっちゃった。


普通に過ごす事が出来なくなったアヅルは幽霊達の願いを叶える事は出来るのだろうか?
女性キャストのみの青春音楽劇!

いっそどこかに捨ててしまえ!擦りこまれた価値観なんか!